流行りのリノベーションを依頼するコツとは

注意すべきことも知っておこう

注意したい耐久性と耐震性

リノベーションを前提で購入する物件は基本的に中古物件なのでチェックすべき点があります。

1981年と2000年の機に耐震の問題で国が定める建物の基準が厳しくなっています。
築年数から逆算してみると良いでしょう。
それ以前に建てられた物件を購入しリノベーションするなら、現在の基準をクリアしなくてはなりません。

古い建築基準や耐震基準の建物は強度に問題があること前提ですし、物件によっては耐震性を高めるだけでも費用が掛かり過ぎてしまい、新築の方が安く購入できたという結果にもなりかねません。

消防法などの問題でスペースを削る必要もあるかもしれません。

法律との兼ね合いが避けられないのはリノベーションをするにあたっては要注意事項です。

その他に注意しておきたいのは

間取りを変える事で、住宅の強度を上げる必要になればそれだけ大掛かりな工事が必要になってしまいます。
いくら自由度が高いからと言ってもこだわり過ぎてしまうと費用もかかるし工事期間も長くなってしまいます。

また、リノベーションを依頼するにあたって苦戦するのが資金調達のようです。
住宅購入とリノベーションを行う時は、ローンを組むのがややこしい部分があるようです。

住宅ローンは基本的に物件を購入するためのものなので、リノベーションにかかる費用の部分にはローンが適用できない場合があります。
別口でリフォーム専用のローンを組むことが出来たとしても金利が高いのがネックです。

金利の差は金融機関によって差があるのと、リフォームなどがあらかじめ視野に入った一体型のプランを提供している場合もあるので、リノベーションを考えるならあらかじめ資金をどうするか相談したりシュミレーションしておくと良いでしょう。


この記事をシェアする