まずはリノベーションの基本について押さえておこう

リフォームとは何かを知る

リフォームと聞くと長年使った住まいや空間を修繕したり、改装や改築する場合にもリフォームすると表現されることが多いので、リノベーションとの区別がつきにくく違いがはっきりしないかもしれません。

リフォームとは日本語に訳すとわかるように、元の状態に戻すというのが目的です。
新築でも使用して年月が経過すれば劣化は避ける事が出来ません。
使いにくくなったり見栄えが悪くなったり損傷した部分を、最初の新しかった状態に戻すのが目的で行う事がリフォームになります。

間取りの変更などをして組み替える事もリフォームを呼ばれがちですが、本来はリフォームには含まれない内容です。

簡単に説明するなら、現状を回復させる目的で行うのがリフォームです。

リノベーションとは何かを知る

テレビや雑誌でも特集が組まれ最近注目を浴びているリノベーションですが、リフォームと混同してしまい呼び方が変わったのではないかと感じている人もいるかもしれません。

リノベーションとリフォームは古くなった住まいや空間を快適に使えるようにするという目的は共通していますが、内容には大きく違う部分があります。

リノベーションを日本語にすると革新するという意味があります。
リフォームの場合は現状を回復する事が目的に対して、リノベーションは新しく生まれ変わる事を目指します。

壁を壊したり、広い空間に壁を作って2間にしたり快適に暮らすために間取りを組み替えて元の状態よりも、使いやすく快適にチェンジさせます。

年月の経過でライフスタイルに合わなくなったので、空間を手直しして快適に使えるように修繕修復したいというのが希望で工事するならリノベーションをするという事になります。


この記事をシェアする