流行りのリノベーションを依頼するコツとは?

流行りのリノベーションを依頼するコツとは

リノベーションとリフォームって違いはあるのか

リフォームとリノベーション、どちらも古くなった住宅に手を加えたいなと感じた時に行うものなので、内容が混同しやすいかもしれません。

大きく変わる部分もあるので自分の希望にはどちらが合っているのか、間違えない為にも違いは把握しておきたいです。

リフォームとは古くなってしまったものを元に戻すために修繕修復を行うことを言います。
例えば、使用している間に劣化してしまった壁紙や剥がれた塗装、水回りなど古くなったので新しいものに交換したりすることが該当します。
劣化したる古くなった箇所を元々の状態に出来るだけ戻す事が目的になります。

リノベーションには手を加えてより良い物にする、という意味があります。
新築だった時の状態に戻すのではなく、今風のデザインに変えたり、ライフスタイルに合わせて改築したりしてデザイン的にも機能的にもグレードアップさせます。
修復もしながら、リビングを広くしたいなら壁を取り払ってしまったり、子ども部屋にする為に1つの部屋を2つに間取り変更したりしたい時にはリノベーションが必要です。

間取りの変更はせずに元の綺麗な状態を目指すのが目的のリフォームに対して、リノベーションは暮らす人のライフスタイルの変化に合わせて間取りの組み替えから変更できます。

家族構成や人数、それぞれのライフスタイルによって住みやすいと感じる導線は違うものです。

そこを自由に変える事ができるのはリノベーションの楽しみであり最大のメリットなのかもしれませんね。

まずはリノベーションの基本について押さえておこう

リノベーションもリフォームも、このままでは住みにくいと感じた住宅を住みやすくする為に手を加えるのが目的で行いますが、大きな違いがあるんです。 混合されている部分も多いかと思うので、納得のいく依頼をする為にもまずは両方の違いについて知っておきましょう。

リノベーションのメリットを知ろう

リノベーションの最大のメリットは自分の希望通りの住まいに変える事ができる自由度の高さではないでしょうか。 リフォームでは間取りの交換まではできないので綺麗に修復されるもののライフスタイルに合わせて革新はできませんが、リノベーションなら可能になります。

注意すべきことも知っておこう

1番注意しなくてはならないのはリノベーションしたい物件の築年数です。 あまりに古いと耐震基準や消防法などが現在の基準に満たない場合があります。 リノベーションするには現在の基準に合わせなくてはならないので、大掛かりな工事となり費用も時間も必要となります。